有機経済学についての研究

有機経済社会とは、無尽蔵の地球資源の消費と破壊を前提とすること、それはつまり地球そのものが資本金であり、それを食いつぶしてゆく現代のマネー至上主義無機物質経済社会に対して、効率的な生産活動と受給バランスの統治をはかるしくみを有しながら、人間として生きる価値を高める全世界的な社会制度を築く法制度と、万一のために生命維持装置を備えた閉鎖型地球生態系と人間社会を創り出すことを提唱する浦田学のライフワークである。

Economic Flontire

Economic Flontireとは、産業革命以降加速し続けた無機経済社会と有史以来確立された有機経済社会の双方を合わせ持つ社会がバランスする理想的な社会モデルを提唱するものです。

 

序論

現代の経済モデル        有機経済社会モデル

失われた江戸文明        閉鎖型地球生態系

世界破滅のシナリオ       ハイブリッド型社会モデル